校長あいさつ

東京都立石神井高等学校
校長 内海 秀一

東京都立石神井高等学校ホームページへのアクセス、ありがとうございます。

本校は、昨年度、創立80周年を迎えた、東京府立第14中学校から続く歴史と伝統ある学校です。名門校としての誇りを持ち、その歴史と伝統をさらに継承・発展すべく、昨年一新した教育目標は以下の通りです。

「AIM HIGH:自ら学習に励み、生得の才能を伸ばし、高い矜持をもつ」

「WORK TOGETHER:自他を尊重し、他者と協働して高め合い、新たな価値を創造する」

「CHALLENGE GLOBALLY:グローバルな社会人基礎力を育み、世界貢献への意欲を高める」

この教育目標を具体化するためのスローガンが「チーム石神井」で文武二道の両立を!です。文武二道の両立とは、本校では学力の向上と人間力の向上を表します。言い換えれば深い学びの実践と高い人間力の習得です。

まずは学力の向上です。本校の校歌の中にも「誠もて 真理を究む」とある通り、日々の学びの中で、主体的に考察し、物事の誠はなにか、真理はなにか、そしてそれはなぜか、これらを探究することが、学問の基礎であり、これからのグローバルで多様な社会において答えが一つではない課題に対して多様な場面や目的に応じた改善案を見いだす土台つまり実力となります。

次に人間力の向上です。自分にとってハードルが高いことや新たなことを拒絶するのではなく、興味や関心を持って積極的かつ継続的に学び続ける意欲、常にチームワークを忘れないコミュニケーション能力、高い規範意識と他者への思いやりの中で、お互いを高めあう競争力、そして、いかなる状況でも、感性を豊かに働かせながら自分らしい生き方を探求できる強い意志と忍耐力などをイメージしています。

この二道を両立することにより、将来グローバル化がさらに進む国際社会において、どのような時代であっても文化の違うどこの国にいても、主体性と柔軟性をもって自分を正しく発信し表現しながら物事を計画し実行できる力、つまりグローバルな社会人基礎力が身につくと信じています。

このことから、学問やスポーツ・芸術などすべてにおいて全力で取り組み、他者を思いやり、常にいろいろなことに挑戦する、強くたくましい「骨太な人間」を育て、石神井からグローバルな社会へと送り出したいと考えています。みなさん一人一人の活動を支援すべく、石神井高校は今年度、「進学指導研究校」、「海外学校間交流推進校」「国際交流リーディング校」、そして「スポーツ特別強化校」に指定されています。私たち教職員チームも、生徒とのコミュニケーションを欠かさず、深く関わり、向き合っていきたいと考えています。そして、「チーム石神井」として学校全体が主体性と創造力を持ち、成功を追求できるよう、努力していきます。

石神井高校グランドデザインコンセプトマップ

 

(校長 過去の式辞)

令和2年度3学期修了式

令和2年度卒業式式辞

令和2年度3学期始業式

令和2年度2学期終業式

令和2年度2学期始業式

令和2年度1学期終業式 ‎

令和2年度1学期始業式

令和元年度3学期修了式

令和元年度卒業式式辞

令和元年度3学期始業式

令和元年度2学期終業式

令和元年度2学期始業式

令和元年度1学期終業式

第74回入学式