投稿者「都立石神井高等学校」のアーカイブ

新年のご挨拶  校長 武田一郎

あけましておめでとうございます。
平成最後の年が明け、石神井高校は、今年創立79年目を迎え、来年2020年に80周年を迎えることとなります。今年は、5月の改元により、日本の新しい時代が幕を開ける節目の年となるのと同じく、石神井高校のこれまでの伝統を継承し、さらなる発展を目指し、この79年目を力強く、有意義に過ごしていかなければならないと思います。
石神井高校は、都民の皆様、特に受験を控えた中学生やその保護者の皆様から注目されている学校の一つであることを自覚し、実践していかなくてはなりません。在校生の皆さんは、常に”石神井ブランド=高い人間力(あいさつ、挑戦、思いやり)”を意識した取り組みをしていると思いますが、新しい時代に向けて今こそ「人間力の大切さ」を再認識しましょう。

高校生年代では、失敗を恐れずにイノシシのように猪突猛進、前を向いて真っ直ぐに突き進むことが大切です。しかし、時には、立ち止まり、振り返り改めてスタートを切ることも必要な時があると思います。そのような時には、インプット(受け入れ)、スループット(自ら考える)、アウトプット(発信・発揮)のスループット(自ら考える)を意識することが大切です。現代は情報化社会と言われ、様々な情報があふれています。この情報を自ら取捨選択し、自分に必要な刺激と認識し、スループット(自ら考える)を取り入れていかなければいけません。石神井高校では、部活動・行事・委員会・生徒会活動などに力を入れて取り組んでいます。そこでも、スループット(自ら考える)を踏まえて考え抜き、さらに高い人間力を身につけていきましょう。

そして、受験を控えた中学生の皆さん、これまで培った力を信じて希望の学校に合格することを願っています。受験前のこの時期は、栄養・休養・睡眠がとても大切になります。体調管理に十分留意し、実力を存分に発揮してください。

今年も石神井高校は、「チーム石神井」でさらにひとつ上を目指して取り組みます。
応援よろしくお願いします。

平成30年度 3学期 始業式

1月8日(火)に始業式を行い、石神井高校の三学期が始まりました。

以下は、校長先生からの挨拶になります。

一年の計は元旦にあり、と言いますが、皆さんは冬休み中に今年一年をどんな年にしよう、何に挑戦しよう、などと考えましたか。

3年生はいま、受験を前に1分、1秒を大切にしたいと考えているところだと思います。これまでに培ってきた力をいかんなく発揮するためには、栄養・睡眠・休養を大切に、自分の持てる力を十分に発揮してください。71期生の皆さんは、今年度体育祭・文化祭に最高学年として取り組むことで、伝統を継承することができました。これからは希望進路の実現に向けて頑張りましょう。
2年生は、2月早々に修学旅行があります。その後すぐに3年0学期を意識して、スイッチの切り替えを行い、71期生の積み重ねた伝統をさらに大きなものにするために、72期生ができること、やらなければならないことを考えていきましょう。ただ、71期生がつないでくれた伝統を維持するのではいけません。さらに発展成長させていくことを念頭に、行動することを考えましょう。
1年生は、74期生を迎える準備をしなければいけません。それは、73期生のみなさんが、この人間力を高める取り組みを日頃から意識できているかということです。新入生は先輩たちの姿を見て学びます。一生懸命挑戦する姿を見せられるかどうかが、これからの石神井高校の成長につながります。しっかりと良い準備をしてください。

石神井高校の学校生活の3年間は、慣れろ、楽しめ、主張しろ、です。1年生では、初めての高校生活に慣れ、早く自分の生活リズムを確立することが大切です。2年生では、石神井の中心的存在として臆することなくどんどん挑戦し楽しむ。3年生は、それまでに培った力を大いに発揮し、自らを十分に主張してください。
その過程で大いに人間力が鍛えられます。今年も積極的な行動を期待します。

今年も新しい石神井高校を作り上げるために生徒、教職員、保護者、卒業生、地域の皆さんと共に「チーム石神井」をしっかり意識していきましょう。

生物部の活動報告

生物部では、校内の中庭を利用して、無農薬の野菜作りを行っています。

12月25日(火)には、その畑から菜の花の葉っぱを収穫し、それを入れた味噌汁を作って、日ごろの成果を味わいました。

菜の花のほかには、現在パクチー・ルッコラ・カリフラワーなどを栽培中です。

 

 

平成30年度 2学期 終業式

12月25日(火)に、2学期の終業式を行いました。

校長先生の講話

皆さんは、2学期、そして、平成30年の一年間石神井生としての取り組みに対して、どんな評価ができますか。

昨年の11月からはグラウンドの全面改修工事が行われ、人工芝のコートが新しくでき、多目的コートも新しくなりました。

そして、今年は特別教室の空調設備設置工事が行われており、皆さんの活動の後押しがテンポよく力強く行われています。

施設整備がどんどん新しくなっていますので、石神井高校の主体者である皆さんが確実に前に踏み出していかなくては、せっかくの設備ももったいないですね。

この一年をしっかり振り返り、石神井ブランド=高い人間力(あいさつ、挑戦、おもいやり)を身につける努力ができたかどうか、しっかりと考えてください。

高い人間力を持った友達に隠れて現状維持で満足していてはいけません。

自ら考え、自ら行動を起こしてください。

そして、一つでも上を目指し頑張ってください。これでいいと満足しないでください。

皆さんの成長が石神井高校を大きく成長させるのです。

地域や中学生、保護者の方々から皆さんの成長は高く評価されています。

現状維持で満足せずに、さらに大きな一歩を踏み出していきましょう。

これらのことを踏まえて、しっかり振り返りをして、この年末・年始を大切に過ごしてください。

そして、新たな年に向かい、新たな目標をもって3学期の始業式に会いましょう。

ダンス部の活動

12月15日(土)に、春日町青少年館での青少年館祭りに、石神井高校ダンス部が出場しました。

また、12月17日(月)と12月20日(木)には、校内にてクリスマスライブも開催しました。

元気なダンスで、大いに盛り上がっていました。

本校剣道場でのクリスマスライブ

1学年 12月21日 「人間と社会」の授業

12月21日(金)の1・2時間目の「人間と社会」(人間としての在り方、生き方に関する東京都の学校設定教科)の授業で、1学年は「模擬選挙」を行いました。

練馬区選挙管理委員会の方にご指導をいただき、政治と選挙についての講話を聞いたり、模擬投票・開票作業などを体験しました。

講話

模擬投票

開票作業

セーフティ教室(スマホ講習)

12月19日(水)に、本校視聴覚ホールにて、1学年・2学年のセーフティ教室(スマホ講習)を実施しました。

NTTドコモ ネット教室 インストラクターの方を招いて、講習を行っていただきました。

スマートフォンの所持が高校生に急速に拡がったことに伴い、高校生に起こりやすいトラブル事例や対応策を理解したうえで、スマートフォン・SNSを正しく利用できるようにすることを目的として、講習が実施されました。

避難訓練を行いました

12月12日(水)に避難訓練を行いました。

今回の避難訓練は、事前に生徒に避難訓練の実施日・避難方法等を伝えずに行いました。

突然の緊急地震速報の警報音に、生徒も最初は驚きを感じながらも、迅速に避難活動を行っていました。

避難の様子

石神井消防署関町出張所の方からの講話の様子

サッカー部試合結果のお知らせ

12月16日(日)に、早稲田大学高等学院グラウンドにて、平成30年度 新人選手権大会 5地区 地区予選三回戦が行われました。

対戦相手は、実践学園中学・高等学校で、惜しくも1対2で敗れました。

強豪校相手に、同点に追いつくなど、大いに善戦しました。

石神井高校サッカー部の応援をよろしくお願いします。

学校説明会御来校の御礼と1月個別相談会のお知らせ

12月15日(土)開催いたしました学校説明会には多くの中学生と保護者の皆様に御来校頂き、ありがとうございました。

1月7日(月)に、中学生と保護者対象の進学個別相談会(予約不要。13時30分受付開始。14時00分相談開始。最終受付15時30分。)を開催いたします。

本校教員が直接ご質問にお答えいたします。最後の相談会となりますのでぜひお越し下さい。

校長先生からの挨拶

吹奏楽部による演奏

生徒代表の挨拶