日別アーカイブ: 2020年1月14日

始業式を行いました。

1月8日(水)に始業式を行いました。

 

≪校長挨拶≫

おはようございます。あけましておめでとうございます。

さて、昨年末、2018年実施のPISAの結果が発表されました。PISAとはOECDが3年ごとに実施する15歳を対象とした学習到達度調査で、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの三分野について調査します。日本の結果の分析によると、数学的リテラシー、科学的リテラシーについては前回並みで上位に位置したものの、読解力が2015年に比べ、8位から15位に落ち、引き続き読解力に課題があるというものでした。
そこで私は、読解力を問う問題例を見てみました。するとブログやネットの記事等を読んで、正しい情報を探し出して理解し、評価していく問題で、それなりに時間を要しました。皆さんもやってみるといいと思います。2018年に新たに加わった問題は、情報源の「質と信ぴょう性を評価する」問題や「矛盾を見つけて対処する」問題です。問題を解いた感想は、読解力はもちろんですが、加えて論理的な思考力・判断力、つまりは数学的な力が試されていると感じました。
つまり、短期的には皆さんが探究学習や調べ学習で必要な力であり、長期的にはこれからの社会で必要とされる力、論理的思考力、適切な判断力、豊かな表現力、素早い行動力、そして忍耐力などが試されていると思いました。2学期の終業式にも話しましたが、これらの力を身に着けるためにも、授業や学校の教育活動全体を通して、「なぜ、どうして」の視点をもって取り組むことが大切です。授業でも部活でも行事でも、得た情報を自分なりにかみ砕いて自分の中に落としていくこと、分からない点があれば積極的に先生に質問したり、自分で調べたりして初めて「真理を窮む」ことができます。与えられたものをそのまま実行する時代は終わっています。3学期もこれまで以上に「なぜ、どうして」の視点をもって文武二道の両立を目指してください。

3年生諸君はいよいよ10日後にセンター試験です。本番が開始されます。平常心を保ちつつ、チーム石神井の一員として最後まであきらめずに頑張って下さい。我々、石神井の教員チームも応援しています。2年生諸君は修学旅行が待っていますが、そのあとは進路実現の時期に入ります。1年生諸君は、高校で初めての1年間の成績が出る学期です。いずれにせよ、自分の目標を見失うことなく、最善を尽くしてもらえればと思います。
それでは皆さん、今年もよろしくお願いします。