日別アーカイブ: 2019年2月1日

修学旅行委員長のことば

72期九州修学旅行

72期修学旅行委員長 2年C組 山口 東悟

いよいよ待ちに待った修学旅行です。私たちは、事前学習として九州の有名な建築物や歴史、食べ物などについて調べ学習をして新聞を作り、モザイクアートを製作して文化祭で展示しました。それだけでなく、長崎市内の観光地を調べたり班別行動の計画を練ったりして、様々な準備をしてきました。

しかし、忘れてはならないことは、私たちは遊びに行くのではなく学習しに行くということです。長崎では、平和について学びます。授業やテレビで耳にしたことがあるかもしれませんが、実際に原爆の被害に遭った建物や当時の物などを目にしたことがある人は少ないのではないかと思います。戦後73年、戦争を体験した語り部の方から当時のことを直接伺える機会が少なくなってきましたが、私たちは3日目に被爆体験者の方の講話をいただく時間があります。悲惨で残酷な戦争についての出来事が風化してしまわないように、一人ひとりがこの貴重な体験を忘れないようにしましょう。

また、今年の修学旅行では自然災害についても学習します。雲仙普賢岳の噴火、熊本地震など、今までニュースで見ても他人事のように感じていた人もいると思います。しかし、自然災害はいつ起こるかわかりません。災害被害や防災について学び、自分の命や周りの人を助けるためにできることについて考えましょう。

最後になりましたが、支えてくれた保護者や先生方、そしてこれからお世話になる現地の方々への感謝と礼儀を忘れないようにしましょう。人生で最後の修学旅行!普段できない体験がたくさんあると思います。ルールやマナーを守り、最高の思い出を作りましょう!