月別アーカイブ: 2017年12月

2学期終業式を行いました。

平成29年度2学期終業式を行いました。

(校長講話)

式の冒頭で校歌斉唱する際に皆さんが目にする体育館舞台脇の校歌の歌詞幕は同窓会より寄贈されたものです。同窓会には日頃から多くの支援を頂いています。校歌を大きな声で歌えるということは非常に素晴らしいことだと思います。私たちが成長する基盤となる場所が石神井高校です。生徒も先生も保護者も成長する、成長できるところが石神井高校です。その石神井高校の校歌を大きな声で自信をもって歌えるということは自分たちの生活にも自信があり、誇りを持って生活できていることの表れだと思います。そのようなことも願って同窓会のみなさんが寄贈していただけたのだと思います。その期待を感じて成長していきましょう。そして、みんなで成長し「チーム石神井」をさらに強固なものにしていきたいと思います。

さて、2学期の始業式には、「人に言われて動くのでなく自ら考えて行動しよう。」と話しました。都大会で好成績を目指し自分で考えた行動をとれましたか。コンクールでよい成績を上げるために自分で考えた行動がとれましたか。外部模試や検定でよい成績を上げるためにどれだけ頑張りましたか。どれもこれも自分で考えた行動でなければいけません。自分がどれだけ頑張ったかを根拠に結果を勝ち取ることが大切です。

あいさつも同じです。多くの人が挨拶できるようになっています。ただ、もう少しあいさつの質を高める必要があると思います。(相手に伝わるような)声を出し、お辞儀をし、顔を合わせるなどしっかりとしたコミュニケーションの扉を開くための挨拶にしましょう。相手から先に挨拶されるのでなく、自分から先に挨拶ができるようになりましょう。「自ら、主体性をもって。」

いよいよ今年もあとわずかになりましたが、新しい年を迎えて新しい目標を立てて取り組んでいきますが、その前に今年1年を必ず振り返り、反省をしてください。正月三が日には初もうでに出かける人は多くいますが、1年の御礼参りをする人はまだ少ないと思います。是非省みて新年を迎えてください。

今年の初めにもアファーメーションという言葉で紹介しましたが、・人を目標におかない。自分のことを目標とする。(常に自分を主語にする。)・肯定的な言い方をする。(~をしないでなく、~をする。)・何度も繰り返すことが重要。(潜在意識を変えるには繰り返しが必要、声に出す。)言葉の力は、強力です。使い方を間違えれば人を大きく傷つけてしまいます。しかし、正しく使えば自分を周りの人を大きく成長させることもできるのです。自分の意思をはっきり言葉にしましょう。

この一年を振り返り、そして、新しい目標を立てましょう。そして、この目標に向かうことによって、石神井高校の教育目標にある「自ら学習に励み、生得の才能を伸ばし、人間としての矜持を持つ人物」の、「矜持(自信と誇り)」を身に着けることができると思います。

10月からの学校説明会では、在校生の言葉として生の声を届けてきました。そして、中学生や保護者の皆様からのアンケートでは、在校生の言葉に感動しました。とても一生懸命に取り組んでいる様子がわかり絶対に石神井高校に入りたいと思いますなどの言葉をいただきました。説明会の冒頭のあいさつでは、石神井高校には、ほかの誰から見てもかっこいい先輩たちが大勢います。是非そんな恰好のいい先輩を目指して石神井高校に来てくださいと伝えています。

勉強も部活も頑張るあなたが良い手本・・・です。

「チーム石神井」で文武二道の両立を!を目指しこの1年間皆さんは確実に成長してきました。新年もまた、元気な笑顔で顔を合わせましょう。

オリンピック・パラリンピック講演会

12月22日(金)本校にシッティングバレー日本代表候補・佐々木 一成氏をお招きし、ご講演いただきました。

(生徒の感想より・抜粋)

・障害者について心を知ることが大切で、人を助けられるような心の余裕を持たないといけないが、自分の強みを見つけること、弱みを受け入れることをしようと思いました。

・人と比較しても意味がないというお話はすごく納得しましたし、すごいなと感じました。

・シッティングバレーは健常者でも障がい者でもできるスポーツだとおっしゃっていたので興味を持ちました。

・障害者にとって一番の困難はスポーツや歩くことより恋愛や結婚というお話は少し意外だと思いましたが話を聞いていくうちに納得しました。

・「時間に間にあわないという弱み」を受け入れていて、それを周りも理解しているのはすごいと思いました。

・自分の良いところや、弱みを受け入れることは受験に関しても同じことが言えると思いました。良いところはそのまま伸ばし、弱みは少しでも良くなるよう努めようと思います。

・佐々木さんには、ぜひ2020東京パラリンピックに出場し、メダルを獲得してほしいです!

本校3年生にとっては、目前に迫ったセンター試験や大学入試に向け、非常に励みとなるご講演でした。ありがとうございました。

グランド・ハンドボールコート改修中

来年4月のリニューアルに向け、只今本校のグランド・ハンドボールコートを改修しております。

グランド改修の様子です。23区内有数の広さを誇り、サッカー、ラグビー、女子ソフトボールの公式戦会場校にもなっております。

ハンドボールコート改修の様子です。都立では珍しく、本校には2面のハンドボールコートがあり、男女ハンドボール部や体育の授業などで使用してます。こちらのコートは人工芝になります。(もう一面は全天候型ラバーコートになります。)なお、テニスコートはオムニコート4面あります。

来年3月までの改修中、屋外で活動する部活動は校内の限られた敷地で工夫し、また、外部の施設を借用して今までと変わらず活発に活動しております。

11月26日薬物乱用防止高校生会議成果発表

11月26日に都庁の都民ホールで行われた平成29年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動都民大会」の中で、石神井高校と井草高校による「薬物乱用防止高校生会議」の活動の成果発表がありました。

第1回高校生会議を行ったのは7月でした。そこから4ヵ月間薬物乱用についての色々なことを学びました。この活動を通して、全く交流のなかった井草高校の生徒会と一緒に学び、話し合いをすることで仲良くなり、本番を劇という形で無事成功させることができました。

薬物は高校生が一番手を染めてしまう危険があると聞きました。その高校生の私達が薬物乱用についてのお話を聞いたり、警察犬の訓練所や実際に薬物乱用をしてしまった人の裁判を傍聴したりと、たくさんの貴重な体験をさせて頂きました。百聞は一見にしかずということわざ通り、この体験は知識では補えないほど濃いものでした。

これまで私達は「薬物をやってしまう環境にあるからやってしまう」のだと思っていました。それは、”私は大丈夫だから関係ない”という考えと同じです。しかしそうではありませんでした。

知らぬ間に飲まされていて、気づいたら薬物依存になっていたという事例も聞きました。誰でも薬物に手を染めてしまう可能があることを改めて学びました。

成果発表の練習に入ると井草高校の生徒会で演劇部の子が考えてくれた台本を使い、今まで習ったことを伝えようと一生懸命に練習しました。初めは流れもバラバラで、セリフもみんなしどろもどろでした。自分はこの役を本当にやり遂げられるのだろうかと思った生徒もいました。練習時間もあまりなく、更に両校テスト期間も重なりました。皆それぞれが大変忙しい中頑張りました。そして本番。とても緊張しましたが、私達は大きなミスもなく、流れを止めることなく劇をやり遂げることができました。とてもホッとしました。

この経験は本当にとても貴重なもので、大変いい思い出になりました。あの成果発表で少しでも多くの人に薬物乱用の恐さと危険性、そして絶対にやってはいけないことだということを知ってもらえたら嬉しいです。

学校説明会御来校御礼と1月個別相談会のお知らせ

12月9日(土)開催いたしました学校説明会には多くの中学生と保護者の皆様に御来校頂きました。ありがとうございました。本年の学校公開は全て終了いたしました。

新年1月8日(月祝)中学生と保護者対象進学個別相談会(予約不要。13時30分受付開始。14時00分相談開始。最終受付15時30分。16時00分終了)を開催いたします。本校教員が直接ご質問にお答えいたします。最後の相談会となりますのでぜひお越し下さい。

文化・スポーツ等特別推薦のサッカーとラグビーの実技検査会場について

本校では、平成30年3月末まで校庭の改修工事を行っていて、文化・スポーツ等特別推薦の実技検査が、本校のグラウンドでは実施できません。そのため、サッカーとラグビーの実技検査会場が以下のとおり変更となりますので、お知らせいたします。検査日と検査内容に変更はありません。よろしくお願いいたします。

 

 

1 実技検査会場

東京都立井草高等学校のグラウンド

2 実施方法

サッカーとラグビーの受検生は、全員、石神井高校から井草高校まで、貸切バスで

本校教員とともに移動し、実技検査終了後、石神井高校に戻ります。井草高校では、

更衣室を用意します。文化・スポーツ等特別推薦のみの受検生も、石神井高校に集合

します。詳細は、出願時にお知らせします。

3 その他

雨天時は、本校の体育館又は柔剣道場で実技検査を実施します。

(ご注意)この件に関するお問い合わせは、石神井高校にお願いします。

修学旅行の様子をお伝えします(4日目)

修学旅行最終日は、ハウステンボスでの街頭英語研修がメインでした。

生徒のグループごとにネイティブの先生方がつき、英語で会話や質疑応答をパーク内で行う活動です。

活気に溢れていました。

昼食はパーク内で食べて、福岡空港から帰路につきました。

 

修学旅行の様子をお伝えします(3日目)

3日目は、コース別学習でした。

天気にも恵まれ、それぞれのコース毎に充実した学習ができました。

軍艦島上陸、長崎歴史文化博物館、三菱重工長崎造船所見学コースの様子です。

コース別学習が終了した後、ハウステンボスに移動し見学をしました。

クリスマスイルミネーションが綺麗でした。夕食はパーク内で食べました。

 

 

修学旅行の様子をお伝えします(2日目)

今日は、平和学習を行いました。

長崎原爆資料館を見学し、平和講話を聞き、長崎原爆死没者追悼平和祈念館で平和集会を開きました。

平和記念像と長崎の鐘です。

長崎県総合福祉センターへ移動して、長崎純心大学の学生の皆様と平和について

グループに分かれアクティブラーニング形式で、話し合いました。

その後、長崎市内を班別自由行動をしました。

 

修学旅行の様子をお伝えします(1日目)

飛行機から冨士山が見えました。

福岡空港に到着し、全員で大宰府にお参りしました。

その後、コース別学習を行いました。

有田焼絵付け体験、有田ポーセリンパーク見学コースの様子です。

夕食後、ホテルで龍踊りを鑑賞しました。