第2回東京体験スクールを終えて

1日目と2日目は、2学期 期末考査期間中ということもあり、美術室にて、留学生だけで、陶芸体験を行いました。土のこね方から、電動轆轤での創作の仕方まで学び、2日目にはお気に入りのティーカップが出来上がりました。試験終了後の、全校生徒による歓迎会では、時折日本語を交えながら、英語で自己紹介をしてもらいました。その後、1年生の音楽選択生による校歌斉唱があり、初めて聞く日本の高校の校歌に、真剣な面持ちで耳を傾けていました。4日目には、都教委主催の行事で、国立能楽堂、江戸東京博物館等を見学し、日本の伝統文化・芸能への理解を深めました。

学校での授業においては、書道を習うのは初めてという2人でしたが、授業が終わる頃には、自分の名前を上手に漢字で書けるようになっていました。家庭科の授業では、巾着の製作を行いました。その他、部活動では、茶道部、女子バスケットボール部の練習に参加し、生徒たちと一緒に交流を深めることができました。日曜日には、東京都立小石川中等教育学校で行われた、第1回東京高校生国際会議に参加しました。オークランド工科大学のDr. Neil Boland教授の基調講演では、ニュージーランドにおける、スーパーダイバーシティーの経験に関するお話しを聞きました。その後、オーストラリアやニュージーランド、カナダ、台湾、タイから来た高校生たちと共に、ユニバーサルデザイン、防災、環境、教育のそれぞれの分科会に分かれて、活発に意見交換を行いました。会議が終わるころには、言葉を超えた親密さを増し、一緒に昼食をとりながら、討論の余韻を味わっていました。午後からは原宿散策を行い、それぞれ帰途につきました。最終日には生徒会の主催で送別会を行いました。伝言ゲームや、Guess What?ゲームを通じて、校内の生徒たちと、学年間を超えた交流を深めることができました。

駆け抜けるように過ぎた1週間弱の滞在でしたが、都教委主催の密度の濃い研修プログラムのおかげで、留学生たちは日本での印象を、新しい発見と共に、深く心に焼きつけることができたことでしょう。今後台湾でも、この経験を活かして、今後さらに彼女たちが活躍することを期待しています。

楊 芋樺

皆さんとお会いすることができて、大変うれしく思っています。私がこの東京体験スクールのプログラムに参加したのは初めてでした。私は日本に来るのも初めてでした。石神井高校では、日本人の高校生たちと一緒に授業を受けたり、お弁当を食べたりしました。また、私たちは手作りのティーポットを作ったり、茶道を体験したり、様々な多くの授業にも参加させて頂きました。私は日本語はあまり理解できないけれど、それでも先生方の意図するところは、なんとなく理解することができました。また、日本の学校についても、さらに理解することができました。一番違うと思うところは、クラブ活動です。なぜなら私の母国の台湾には、あまりクラブ活動がありません。私はあなた達が羨ましいです。しかし、日本と台湾は、あまり大きな違いはありません。だから私は学校では、とても居心地が良かったです。先生方も生徒達もとても素敵だったので、私はどちらが先生か生徒か、すぐにわからなくなりました。

最後に、私は石神井高校でたくさんの素晴らしい思い出をつくることができました。またいつかどこかでお会いできる日を楽しみにしています。ありがとうございました。

by 楊 芋樺

Yang

 

蕭 顚軒

私は、日本に来るのが今回初めてでした。東京体験スクールのプログラムに参加することができてとてもうれしいです。石神井高校そして、石神井高校の生徒のみなさん、どうもありがとうございました。日本(東京)にいる間、石神井高校は私に様々な経験を与えてくれました。私たちが多くの活動に取り組むことができるように、いろいろと準備を整えてくれてどうもありがとう。日本(東京)にいる間、日本の文化についてより多くのことを学ぶことができました。私のバディー、学校にいる間、私を楽しませてくれてありがとう。彼女はまた、いろいろなことを手伝ってくれました。また私のクラスメートもとても友好的でした。私は彼女たちがとても好きです。今回、私は世界についての視野を広げることができ、また世界観を変えることができました。私は、台湾にいる時以上に今回日本に関する多くの知識を得ることができました。もし時間があれば、私は日本にまた来たいです。また日本を訪れて、日本の話題についてもっと知りたいです。楽しい時間は本当にあっという間に過ぎますね。私は石神井高校で、心ゆくまで楽しむことができました。またお互いにすぐにどこかでお会いできることを期待しています。もしお時間があるようでしたら、ぜひ、台湾のKaohsiung(高雄市: カオション/たかお-し)に来てください。Kaohsiungのいろいろなところに案内しますよ。いろいろなおいしい料理を一緒に食べましょう。

by 顚軒

Xuan