平成30年度 3学期 始業式

1月8日(火)に始業式を行い、石神井高校の三学期が始まりました。

以下は、校長先生からの挨拶になります。

一年の計は元旦にあり、と言いますが、皆さんは冬休み中に今年一年をどんな年にしよう、何に挑戦しよう、などと考えましたか。

3年生はいま、受験を前に1分、1秒を大切にしたいと考えているところだと思います。これまでに培ってきた力をいかんなく発揮するためには、栄養・睡眠・休養を大切に、自分の持てる力を十分に発揮してください。71期生の皆さんは、今年度体育祭・文化祭に最高学年として取り組むことで、伝統を継承することができました。これからは希望進路の実現に向けて頑張りましょう。
2年生は、2月早々に修学旅行があります。その後すぐに3年0学期を意識して、スイッチの切り替えを行い、71期生の積み重ねた伝統をさらに大きなものにするために、72期生ができること、やらなければならないことを考えていきましょう。ただ、71期生がつないでくれた伝統を維持するのではいけません。さらに発展成長させていくことを念頭に、行動することを考えましょう。
1年生は、74期生を迎える準備をしなければいけません。それは、73期生のみなさんが、この人間力を高める取り組みを日頃から意識できているかということです。新入生は先輩たちの姿を見て学びます。一生懸命挑戦する姿を見せられるかどうかが、これからの石神井高校の成長につながります。しっかりと良い準備をしてください。

石神井高校の学校生活の3年間は、慣れろ、楽しめ、主張しろ、です。1年生では、初めての高校生活に慣れ、早く自分の生活リズムを確立することが大切です。2年生では、石神井の中心的存在として臆することなくどんどん挑戦し楽しむ。3年生は、それまでに培った力を大いに発揮し、自らを十分に主張してください。
その過程で大いに人間力が鍛えられます。今年も積極的な行動を期待します。

今年も新しい石神井高校を作り上げるために生徒、教職員、保護者、卒業生、地域の皆さんと共に「チーム石神井」をしっかり意識していきましょう。