平成30年度 着任式・始業式を実施しました

4月6日(金)平成30年度着任式・始業式を実施しました。新しい先生を迎え、2年生はクラス替えを行い、新しい友達との学校生活が始まりました。

 

始業式 校長講話(要約)

進級おめでとうございます。

さて、71期生は、これまでの石神井での生活の集大成となり、これまでの石神井の伝統の継承と発展に向け、また皆さんの進路実現のためにも「チーム71期生」としてしっかりと主張してください。そして、72期生は、その71期生の姿を見て、来年の自分たちの姿を重ね合わせて、大いに楽しんでください。いつも言うことですが、独りよがりの楽しみ方はだめです。周囲の人とのつながりを考えて例えば73期生を思い、大いに楽しんでください。

そして、もう一つ、毎回話すことですが、あいさつを大切にしましょう。本当に上手に挨拶ができる人が増えました。校長室のドア越しに女子生徒数人に大きな声で声をかけてくれました。うれしかったですね。71期生が入学したころは学校全体が挨拶が上手ではなかったですから。すれ違う時ですらうまく挨拶ができなかった。それが5M、10M離れたところでも声をかけたり、校長室のドアの向こうから大きな声で挨拶ができるまでになりました。すごい成長です。大きな声で声をかけられると本当に気持ちがいいです。この先コミュニケーション力を駆使してどんどん人間関係を深めていきたいという印象になります。まだ、声を出すタイミングが良く分からない人も継続してあいさつに挑戦しましょう。継続してコミュニケーションの学習です。二道の両立には必要なことです。頑張っていきましょう。そして、楽しみ、主張する中で、自分の立てた目標達成を強く目指しましょう。できる、できる、絶対できる。言葉にして、紙に書いて、常に意識しましょう。そして、お互いに刺激し合い、「チーム石神井」で取り組みましょう。

最後に明日は、73期生を迎えます。超緊張してくると思います。そんな73期生が早く慣れるように「チーム石神井」で迎えましょう。そして、そのためにも格好いい先輩として新入生の良い手本となってください。

平成30年は、「チーム石神井」で昨年より「ひとつ上を目指してみよう」

平成32年、2020年石神井高校は、創立80周年を迎えます。東京オリンピック、パラリンピックの後は、石神井の80周年行事があります。80周年に向けてさらに石神井の人間力を高め、進路実現を目指していきましょう。