ブリティッシュヒルズに行ってきました(12月28~30日)

昨年の12月28日から30日にかけて、第1学年の希望生徒らによる『ブリティッシュヒルズ』での二泊三日英語研修を実施しました。『ブリティシュヒルズ』は福島県天栄村にある、その名の通りイギリスの風景・文化・風俗を忠実に再現した研修施設です。“パスポートのいらない英国留学”というキャッチコピーに謳われているように、外部と隔絶した環境のなかでより純度の高い英語研修を受けることのできる施設で、石神井高校では毎年年末、英語力向上を目指す生徒たちによる研修合宿をこの地で行ってきました。今年は74期生35名がこの研修合宿に参加し、実りある三日間を過ごすことができました。

初日、『ブリティッシュヒルズ』に到着したばかりの生徒たちに、早速英語の洗礼が降りかかります。施設へのチェックイン手続きも早速英語でやることになり、生徒たちもタジタジな様子でしたが、うろたえている暇はありません。イングリッシュ・サバイバルと名付けられた、ネイティヴ講師陣による怒涛の英語攻勢が続きます。しかし、これを“生き残った”生徒たちは早くも英語に慣れ始め、授業終了後の晩餐、ビュッフェスタイルの夕食の時には、ホールスタッフたちへも積極的に英語で問いかけ始めるようになっていました。アイスブレイク完了、といった趣のなかで、一日目は無事に終えることができたわけです。

二日目は午前中、英語による国外のマナーや文化についての授業に加え、英国式ビリアード『スヌーカー』の実習を行い、午後には『ブリティッシュヒルズ』のシンボルの一つにもなっている、ウィリアム=シェークスピアについて、楽しい羽ペンづくりを交えながら学びました。特にスヌーカーの実習は、講師たちの巧みな話術も相まって、生徒たちは嬉々としてこれに興ずることができました。スヌーカーがプレイできる環境は、現在の日本では稀であり、生徒たちには実に貴重な経験になりました。

三日目は、英語でのディベートに挑戦、生徒たちにも身近な『学校の制服について』の議題で話し合い、このころになると生徒たちも英語に慣れ、積極的に発言する姿を見ることができました。そして、ブリティッシュヒルズでの英語研修のフィナーレを飾るのはイギリスの食文化を代表する、スコーンを作るアクティビティです。当然、ここでの指導もすべて英語でなされ、生徒たちはそれを注意深く聞きながら調理に取り組みました。オーブンで焼けるスコーンの匂いは、大いに胃をくすぐる、実に素晴らしいものでした。

この二泊三日のブリティッシュヒルズでの研修を経て、最初は英語で話すことに及び腰だった生徒たちも、徐々に積極的な姿を見せ始め、最後にはどのスタッフにも積極的に英語で話しかけるようになっていました。同窓会の支援も受けているこのブリティッシュヒルズ英語研修が、生徒たちにとってとても実りのあるものになった様子には、ただただ、喜ばしい限りです。